使いやすくする

昔の縁側

普段から使用頻度の高いドアノブは、以前であれば丸タイプの握って開けるタイプのものが主流でした。しかし、最近では色々なドアノブの形やデザインが登場しており、住まいの状況によってリフォームを行う世帯も増えています。
頻繁に使われる部分であるドアノブをリフォームで交換することによって、それまでとは違って簡単に開け閉めをすることができるようになります。特に握力の弱い小さなお子さんや高齢者は、丸タイプのドアノブは非常に使いづらいと思われることが多いようです。
使い勝手に良いドアノブに交換するドアノブ修理をすることで、部屋の行き来がしやすくて住まいの中の移動も快適になります。