業者の選定

動かないドアノブ

ドアノブ修理などのリフォームを依頼する際は、対応している業者選びが肝心です。ちょっとしたドアノブ修理ならどこでもいいと思われるかもしれませんが、ドアノブも大事な建具のひとつですし、使用頻度も高いことから安心して修理やリフォームを依頼することができる業者に連絡をすることが一番です。

業者の選定をすることでチェックしておきたいことは、リフォームやドアノブ修理の実績があるかどうかです。ドアノブとは言っても使われている箇所やタイプで作業内容は異なります。よって、どのタイプのドアノブにも安全安心で対応してくれるかどうかを見ておくことが大切なのです。
さらにドアノブ修理で急を急ぐ場合は、営業時間に関係なく対応してくれるかどうかも見てから判断するようにしましょう。

使われている箇所で異なる

古い家

ドアノブ修理を行う為にリフォームを行う場合は、ドアノブの箇所によって対応も大きく変わってきます。例えば、玄関や部屋のドアに使われているドアノブとお風呂で使われているドアノブは、別であることが多いです。その理由としては、部屋の用途が異なることからドアノブにもそれに適した仕様を選んでおかなければいけないからです。

特にお風呂場の場合はシャワーやお風呂の湯気で湿気や水分がかなり多いです。ノーマルな金属タイプのドアノブにしてしまうと、すぐに錆びてしまって使えなくなってしまいます。ドアノブを選ぶ時は素材や空間用途を考慮した上で、最適な物を選ぶようにしていきましょう。

色々なデザイン

家の建て直し

最近のドアノブは色々なデザインやモチーフの商品があり、ドアノブ修理や交換を行う際に自由に選択することができるようになっています。ドアの一部分であるドアノブもインテリアデザインとして含まれる部分なので、リフォームを行うことによって素敵なドアノブを取り入れることができるでしょう。

ドアノブをリフォームで変える際は、まず備え付けのドアノブを外すことから始めていきます。丸タイプのドアノブであれば工具などで簡単に外すことができるので業者の手は必要になりません。ただ、新しく付け替えるドアノブをキレイに当て込める時は業者の知識や技術が必要になります。
ちゃんと当て込めてドアノブを設置しておかないと、ドアの開閉がしづらいものとなります。それでは全く意味がないので安全に使えるように業者に取り付けをしてもらうリフォームをお願いしましょう。